モバイルユーザーが分からない | ワードプレス魔改造屋

モバイルユーザーが分からない

Facebook広告にチャレンジしている阿修羅ワークスです。
Facebook広告をはじめるにあたり、めちゃくちゃ初歩的な失敗をいくつも繰り返してきました。
Google広告のノリではじめたのが悪かったかなと……。
1ヶ月経ちどうにかこうにか運用できるところまできたのだけれど、やっぱりFacebook広告はダントツでモバイルユーザーが多いのね。

問題は自分が宣伝広告したい商品がモバイルユーザー向けではないこと。
自分も閲覧はモバイルだけれど、購入はモバイルですることはない。
するとしたらAmazonのような既に購入体験があるサイトぐらいで、やはりPCから商品の情報を色々と見て検討してから購入したい。
なにより購入者情報を打ち込むのが苦痛。

しかし、Facebook広告で配信デバイスからモバイルを外すとパフォーマンスが落ちてしまう。
ターゲットにデスクトップユーザーがほとんどいないせいか、集客がうまくいかないんだよね。
で、仕方なくモバイルにも配信しているのだけれど、モバイルユーザーが分からない。
さっぱり分からない。

果たして効果があるのかよく分からない。ログを見るととくになにかしている感じはないというか、スクロールして閲覧はしているのだけれど、アクションがない。
モバイルユーザーはタップと入力が嫌いでスクロールは得意とはいうけれど、コンバージョンには繋がりにくい。
商品がWordPressのプラグインなだけに、購入するとしても一度PCに乗り換えてからになるだろう。
Facebook広告ではモバイルでもデスクトップでも同一ユーザーかを判定しているらしいので、裏ではモバイルで閲覧したユーザーがデスクトップに乗り換えて購入すれば分かるんだろう。

ただやはりログを見ていると圧倒的にモバイルユーザーばかりで、そのモバイルユーザーに対して効果的なアプローチができているのか分からない。
iPhoneでWordPressのプラグインを試すのは難しい。だから多くのユーザーは読んで終わりなのではないかなと……。
自分だったら気になったページがあればリーディングリストかPocketにとりあえず突っ込んでおく。
で、PCからあとで開いてみる。そんな感じ。

そんな感じとは言ってみたものの、こういうことを他のユーザーがしているような気がしない。
LPにとりあえずいいね!ボタンとLINEの登録ボタンをつけてみたものの、効果があるのだろうか?
データをとってみないとことには分からないのでしばらく様子見だ。

因みにココナラとランサーズのスキルパッケージでもプラグインを(自サイトより割高で)販売しているのだが、ココナラは圧倒的に素人の購入者が多く、そしてモバイルユーザーで、たいして動作環境とか注意書きを読まずにノリで購入してしまうので逆に怖い。
ところ変わればといったところか?

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA